menu
閉じる
  1. ヘルペスの検査内容と治療方法
  2. 性器ヘルペスの症状と感染原因
  3. クラミジアの症状と感染原因
閉じる
性病に悩まされる女性

クラミジアの検査方法と治療方法

クラミジアの検査は主に抗原検査になります。
抗原検査はクラミジアの菌の有無を調べる検査です。
クラミジア抗菌は男性の場合は尿道に、女性の場合は子宮頸管に菌が発生します。
それぞれの部位で分泌されたものを採取して、検体の中にクラミジア菌のDNAがあるかを調べます。
抗原検査による採取方法はスワブ検査と採尿検査です。

スワブ検査は女性が受ける検査になります。
検査用の綿棒を性器に挿入して粘膜の分泌物を採取します。
男性の場合は尿道の粘膜から採取します。
この方法は痛みや違和感があり負担になりますが、直接採取することができるので正確です。

採尿検査は、その名の通り尿を採取します。
最低でも1時間程ためた後、初尿を約20ml採取します。
正確な結果を出すには初尿を採るのが重要になります。
また、尿をためる時間が長いほど正確性が向上します。
主に男性が受ける検査になります。

クラミジアの検査キット

クラミジアの検査キットは通販などで購入することが可能です。
検査キットは自宅で気軽に行うことができ、費用も安く済むというメリットがあります。
ですが、病院で受ける検査より正確性に欠けるというデメリットもあります。
薬局などには販売していなく、医薬品専門の通販のみで入手可能です。

自分で採取する方法は病院と同じスワブタイプと採尿タイプがあります。
試験の方法は郵送タイプと簡易タイプの2つです。
キットが男女で分かれている場合は、男性が採尿タイプで女性がスワブタイプになります。
キットではクラミジア抗原の有無を調べることができます。
郵送タイプの場合結果が出るまで数日かかります。
簡易タイプですと郵送する必要がなく、約15分で結果を確認することができます。
病院に行かないでできるので忙しい方などには助かります。
結果が出てクラミジア菌が有った場合は速やかに医師に相談し治療を開始することが大切です。

クラミジアの治療方法は?

クラミジアの治療方法は、抗生物質による薬物治療になります。
医師から処方される薬の多くはジスロマックという飲み薬です。
治療期間は治療開始から完治するまでは3週間~4週間程かかります。
ジスロマックは1回服用するだけで治療は終了です。
3週間程したら再び検査をし、クラミジア菌が検出されなければ治療は完了になります。
検査で菌が残っている場合はジスロマックとは違う抗生物質に切り替えて再び治療を開始します。
そうなると完治するまで治療期間が数週間伸びてしまいます。
治療にかかる費用は保険適用で5000円~10000円程度です。
クラミジアを完治させるにはパートナーと一緒に治療することが重要です。

クラミジアの治療を受ける際は性病科になります。
女性の場合は産婦人科で、男性の場合は泌尿器科でも診察してもらえます。
病院により治療方法や治療にかかる費用が異なるため、事前に相談しておくと安心です。

ジスロマックの入手方法

ジスロマックの入手する方法は、病院で処方してもらうか、個人輸入にて入手が可能です。
病院で処方してもらう場合は高いなどの理由から、個人輸入している人が多くいます。
ジスロマックは一般的な通販サイトでは購入できません。
医薬品専門の通販サイトのみで購入が可能です。

ジスロマックを通販で購入するメリットは、費用が抑えられるだけではありません。
最大の魅力は誰にも知られずに治療することができることです。
通院となるとどうしても人目を気にしてしまいます。
また、通院履歴からバレてしまうケースも少なくありません。
そのような心配も通販だと解決することができます。

ジスロマックは海外から取り寄せになるので、手元に届くまで最短でも1週間はかかります。
通販を利用する人の多くはまとめ買いをしているため、品切れや欠品になってしまう恐れがあります。
そうなる前に早めに購入すると安心です。

また、ジスロマックはジェネリックも販売されていますので少しでも経済的な負担を減らしたい方は通販でを使うのも良いでしょう。

関連記事

  1. クラミジアの症状と感染原因

おすすめ記事

  1. ヘルペスの検査内容と治療方法
  2. 性器ヘルペスの症状と感染原因
  3. クラミジアの症状と感染原因
ページ上部へ戻る