menu
閉じる
  1. ヘルペスの検査内容と治療方法
  2. クラミジアの症状と感染原因
  3. 性器ヘルペスの症状と感染原因
閉じる
性病に悩まされる女性

クラミジアの症状と感染原因

クラミジアという言葉を知っていても実際にはどんな病気なのかあまりご存知のない人も多いのではないでしょうか。
クラミジアは、クラミジア・トリコマチスという真菌によって起こる病気であり日本においては最も感染率が高いとされている性病の一つです。
クラミジアは実は男女ともに性器付近に存在している菌ですので条件が揃えば性行為をしなくても感染することがあるのではと思われがちですが、感染経路として最も有力なのが性行為でありそれ以外の理由で感染することは少ないと考えて良いでしょう。
人によっては症状が出ないこともあるので知らない間に他人に移していることも少なくありません。
自分は兵器と思っていても、パートナーが感染者と性行為や疑似行為をしたことで自分が感染し症状が出てしまうこともあるとされています。

感染してもすぐに症状が出ないことがあるのは、菌が増殖するのに時間がかかるからであり、自然治癒することはほとんどないとされています。
ただし、たまたま風邪の時に飲んだ抗生剤によってクラミジア菌が死滅して治ったということはあるとされていますが、思い当たることがある人はパートナーに気づかれる前に早めに対処していくのが良いかと思われます。

女性のクラミジアの症状

クラミジアがどういう病気であるのか理解できたと思われますが、女性に出る症状としてはどんなものがあるのか考えてみましょう。
女性の場合、症状として考えられるのはしろっぽいおりものが増えることや生理以外の出血、性交時の痛みや下腹部に違和感を感じるといった症状が出るとされています。

ただ、女性の場合発症していても症状が出ないことも多く、パートナーが発症したことで初めて感染に気付くことも少なくありません。
症状が出ていないからと言ってそのまま放置してしまうと、子宮内膜症や卵管炎、腹膜炎などの原因となったり、不妊症の原因となることがあるとされています。
感染に気付かないまま妊娠し出産となると、生まれた赤ちゃんが新生児結膜炎や肺炎を発症してしまうきっかけとなってしまうこともあります。
そのため、おりものの変化に気づいたら早めに対処するように心がけるのがおすすめです。
症状が出ていないからと言って何もしないままでは後々大変になることも考えられますので、まずは感染していないか疑ってみるのが良いかもしれません。

男性の場合は主に尿道に感染することが多く、かゆみや白い膿が出ることがあり場合によって症状が出ないこともありますが尿道炎や前立腺炎などの症状が出ることが多いので比較的気付きやすいとされています。

クラミジアの感染原因は?

クラミジアの感染原因として考えられるのはどんなことなのか気になるところと言えますが、すべての性行為で感染することが考えられます。
普通のセックスはもちろん、オーラルセックスやアナルセックスでも感染するとされています。
性行為以外ではディープキスなどでも感染することもあり、性器を接触させていないから平気と言ってもオーラルセックスをすることで相手が喉にクラミジア菌が持っていた場合には喉から性器に感染することもありますので注意が必要です。
咽頭クラミジアも場合は喉の腫れや痛みなど風邪に似た症状なのでクラミジアに感染していることに気づかない場合も多いですが、気づかないと完治までに時間がかかってしまうことがあります。

感染してからの潜伏期間は、感染者と性行為をした場合は1週間から3週間が潜伏期間とされており、その頃になってようやく症状があらわれ始めることから知らない間にパートナーにうつしていることも多いとされています。
そして、パートナーに症状が出始めて初めて自分が感染していることに気づくことも少なくないとされています。
その場合には浮気が発覚して更なる大喧嘩に発展しかねませんので、そうならないためにも早めに対処していくのが良いかと思われます。

関連記事

  1. クラミジアの検査方法と治療方法

おすすめ記事

  1. ヘルペスの検査内容と治療方法
  2. 性器ヘルペスの症状と感染原因
  3. クラミジアの症状と感染原因
ページ上部へ戻る