menu
閉じる
  1. 性器ヘルペスの症状と感染原因
  2. ヘルペスの検査内容と治療方法
  3. クラミジアの症状と感染原因
閉じる
性病に悩まされる女性

性器ヘルペスの症状と感染原因

性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルス(HSV)によって発症する性感染症です。
症状としては水疱ができ痛みを生じるといったものです。
ヘルペスウイルスはいくつかの種類がありますが、性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスによって発症するもので1型と2型があります。
このうち1型は唇に現れるために口唇ヘルペスとも呼ばれ、2型は性器周辺に現れるものであり性器ヘルペスと呼ばれます。

口唇ヘルペスと性器ヘルペスはともに単純ヘルペスウイルスによってもたらされるのですが感染は濃厚な接触がなければ起こりません。
このためオーラルセックスが一般化する前は口唇ヘルペスと性器ヘルペスは分類されていましたが、現在ではともに単純ヘルペスウイルスによってもたらされる感染症として扱われています。

症状としては水疱が現れるほか痛みが発生します。
また水疱が潰れることで潰瘍が起こりそれを原因とした痛みがあり、また神経痛を伴いますし神経麻痺が起こる可能性があります。
一方で重篤な症状になることはなくむしろそのほとんどが無症状の方が多いとされます。
また症状も免疫力が低下したり女性の場合には月経が来るたびに痛みが生じるといったものが中心で単なる体調不良と思って放置する人もいます。

現在の医療では抗ヘルペス剤を使用することによって再発を抑制します。
現在の医療技術では単純ヘルペスを完全に駆除することは不可能であるため、再発を抑えたとしてもウイルスは体内に存在し続けた結果として免疫力が低下するなどした場合には、ウイルスが活動しはじめて再発するといったケースも多く見られます。

性器ヘルペス(女性)の症状は?再発しやすい?

性器ヘルペスは男女ともに感染するものですが女性の方が一般には症状がつらいといった傾向にあります。
女性の性器ヘルペスの症状としては大陰唇や小陰唇から腟前庭部、会陰部などの外陰部のほかに子宮頸管や膀胱にまで及びます。
男性がペニス周辺が中心であるのに対して女性は身体の中でも発症するので痛みがつらくなります。
また男女ともに共通して肛門や臀部、太もも周辺に広がることもあります。

性器ヘルペスの症状は、弱い初期症状からはじまって強い全身症状へ悪化することになりますが、初期症状はかゆみやひりひり感、灼熱感や痛みなどの性器周辺の違和感からはじまりその後、発疹や水疱が起こり水疱が潰れることで潰瘍ができます。
また発熱や倦怠感なども現れることがあります。
感染後に2日から10日程度の潜伏期間を経て現れるものは急性型と呼ばれます。
一方で潜伏期間が短く症状が出る場合には比較的、症状は軽度とされますが、感染直後の初期症状が出ずに風邪などで免疫力が低下すると症状が現れるといったこともあります。

一方で性器ヘルペスは痛みや水疱といった症状で健康であれば自然治癒します。
しかし体内に存在する単純ヘルペスウイルスは再び活動の機会をうかがっており、免疫力が低下するなどすると再発します。
女性の方が性器ヘルペスは重症化しやすいといわれ、特に生理のたびに症状が現れると心身ともに疲弊することになります。
このため早い段階で抗ヘルペス剤を使うことで再発を防ぎ、また再発した場合の症状を緩和することができます。

性器ヘルペスの感染原因は?

性器ヘルペスの感染の原因のほとんどは性行為によるものですが、稀なケースとして性行為をしていなくても感染することもあります。
これは単純ヘルペスウイルスは長期間、過酷な環境で存在し続けることが可能なためです。

性行為によって性器ヘルペスがうつる理由としては粘膜の接触によって起こるもので、セックスのほかオーラルセックス、アナルセックスのほか手淫によっても起こります。
またウイルスが多く存在しているのは水疱や潰瘍などが発生している箇所で、それらに触れることでも感染する可能性があります。
さらに手淫でもうつるということは浴場などで椅子や公衆トイレの便座、またタオルの使い回しなどを介して感染するという可能性があり、これが知らない間に性器ヘルペスに感染する原因になります。

一方で女性がうつりやすい理由としては露出している粘膜部が男性とくらべて多いためです。
このため直接的な接触のほか、手などにウイルスが付着しており、そのウイルスが付着した手で粘膜部を触ることでうつることになります。
このような性質から、男性よりも女性の方がうつる可能性が高く、このため性器ヘルペスになる人も女性の方が割合が多いとされます。

特に性器ヘルペスの厄介なところは症状は痛みや水疱程度ですし、また自然治癒したり無症状といったこともあり感染者が知らないで他の人に感染させてしまうということで、間接的なウイルスの感染は感染した場所を調べることも困難です。

関連記事

  1. ヘルペスの検査内容と治療方法

おすすめ記事

  1. ヘルペスの検査内容と治療方法
  2. 性器ヘルペスの症状と感染原因
  3. クラミジアの症状と感染原因
ページ上部へ戻る